デザイン・ラウンジでアイデアラウンジ

東京は六本木、東京ミッドタウンの5階
デザインハブの武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジで開催された

面白法人カヤックにまつわる
デザインの話 デザイン・ラウンジの
アイデアラウンジ

に参加してきました。

[pe2-image src=”http://lh3.ggpht.com/-swGweJPnLKY/UXOlrQMGjbI/AAAAAAAALzU/t_Pno8N82u4/s144-c-o/531809_371794469606599_329545678_n.jpg” href=”https://picasaweb.google.com/108052001779970125146/WP01#5869216901892574642″ caption=”” type=”image” alt=”531809_371794469606599_329545678_n.jpg” ]

 

流石はカヤックの精鋭の方々・・・という感じで、
お話の内容は勿論として、その作品の出来栄えや
プレゼンに関しても、感動しましたね。

当日の模様は、Ustで配信されて、
録画も残されていていつでも視聴できるのが非常にありがたい。
http://ustre.am/WwXf

すごいWEBを創ったりした、
元々デザイナーとして活躍されていた、佐藤ねじさんの最新作を拝見して、
そのアイディアと技術に心から感動。

どうよ、このMUTATIONS STUDIOのWEBサイト!

面白いは全てを制するってのは、正にその通りだとスゴイ共感を覚えました。
現に、この時会場に居た人は皆、同じ感想を抱いた筈!

体験できるサイト、動画での紹介を見てるだけだって面白くて
笑いの渦を巻き起こせるようなWEBサイトが、今時他に有るか?

この、
WEBサイトを閲覧しているだけでも楽しくなって、
実際に行動を促せる仕掛け。

WEBサイトを制作・運営するってのは、まずは目的有りきな訳で、
最終的には閲覧者に行動をして貰うというのが基本原則。

無闇に音が鳴り響いて画面が眩しいWEBサイトには、2000年初頭を思い出して
懐かしくなったりもしつつ、こういう惹き寄せられる作品には憧れますね。