雁川で雁ちゃんを食い歩く

秋葉原の路地裏。

裏通りの地下にひっそりと佇む、地元民や秋葉原の民に
密かに愛される中華料理屋、雁川が在ります。

何と言っても秀逸なのは、ボリューミーな食べ応えだと思います。
そして、凄く肉々しぃ!

最近は特に炒飯が人気な気がする。

Twitterで度々、その日のお勧め品を事前予告無く発表。
日々、限定品の告知をして愛好家の歓喜と落胆を呼び起こします。

そしてその日も、発表は粛々と盛大に行われました。

 「説明しよう!」

牛たん塩チャーハンって、こういう炒飯。
パラッパラに炒められた炒飯の上に、これでもかって位に牛たんたっぷり!
牛たん塩チャーハン

牛すじあんかけチャーハンってこういう炒飯。
パラッパラに炒められた炒飯の上に、親の仇と言わんばかりに牛すじゴロゴロ。
大量の熱々なあんかけがタップリ!
牛すじあんかけチャーハン

ドヤ顔でニヤリとしたくなりますが、この牛すじあんかけがまた絶品なんです( ・∀・)

そんでまぁ、この「どっちを食べようか凄く迷いますねぇ」と唸らずには
いられない二品を、一度に堪能出来るという、恐るべき品がこの雁ちゃんなのでした。
雁ちゃん

味も量も大満足ですね。

俺は雁川で飯喰うなら、素直に麺類より炒飯だと思うんだ・・・
(好みには個人差があります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください